TOP > iPhoneを快適に使うコツ

iPhoneを快適に使うコツ

だいたい2年に一度新しいバージョンがリリースされる度、改善・改新が施されより高機能になっていくiPhone。


日本国内でのスマートフォン所持率ではトップを誇るiPhoneですが、知っているとより快適なチップスをご紹介していきます。



iPhoneを使う上で気になるのが、バッテリーの持ち時間。

できるならモバイルバッテリーなどを使用することなく満足に使いたいところです。

持ち時間を長くするコツとして、まずは画面の輝度を下げる・WiFiとBluetooth機能をOFFにするという方法。



画面下から指をスライドすることにより出てくるウインドウにて簡単に設定できるので実行してみてください。

また、頻繁に使用していないアプリのバックグラウンド更新をOFFにするのも有効です。設定・一般・Appのバックグラウンド~にアクセスすれば、アプリ単位で設定できます。

ちなみに、充電しっぱなしはバッテリーの寿命を縮めますので、ある程度減ったら充電、という方法を用いましょう。



よく電池がゼロになってから充電しましょう、という記述を見かけますが、継ぎ足し充電でもダメージはないため厳密に守らなくても大丈夫です。次に、AssistiveTouchを使用するという方法。
設定・一般・アクセシビリティにアクセスすれば、タッチパネル上に白い球体が出現します。
これはホームボタンやメニューを兼ねた機能を有しているため、ホームボタンがききにくくなった際などにも有効です。